予備校の存在

予備校の存在は、受験の情報サイトです

予備校を知っておこう

予備校に通うのであれば、詳しく予備校のことを知っておく必要があります。そのため、誰もが疑問に思う予備校と塾の違いを知っておいた方が良いと思うのです。それでは、違いは一体何なのでしょうか。
まず、予備校は試験や受験のための学校ということを知っておいた方が良いでしょう。塾は、学校の授業の補佐的役目の場合が多いのですが、その点では予備校と違います。予備校は、色々な試験や受験に備えるために、試験自体に必要になる知識や、勉強方法、そして情報を身につけるために通う学校なのです。

ただ、予備校が募集しているコースの中身は、多くの場合専門的なものが多い場合もあるのです。大学入試はもちろんなのですが、それだけではなく、司法試験や公務員試験、公認会計士、税理士、などの本当にさまざまな試験に向けて勉強をすることができるでしょう。
それは、予備校によっても違っていますので、入学するときや説明会でどのような予備校か聞くことで詳しく分かります。一番良いのは、すでにその予備校に通っている人に詳細を聞くことですね。そうすることで、その授業の詳しい内容や質が分かります。

このページの先頭へ

予備校の通い方と存在

予備校塾は、何かしらベースの学校があって、その補助的な役割をしているというイメージだと思います。このような塾の役目とは違って、予備校自体がもう一つの学校になっているのです。だからこそ、ベースの学校に通いながら予備校にも通う人もいると思うのですが、そのことを「ダブルスクール」と呼んでいます。
そのくらい、予備校は学校としての補佐的役目ではなく、本格的な学校と考えても良いのではないでしょうか。これを読んでいる多くの人は、大学受験のために予備校に通う人かもしれません。その場合、現役大学生であれば、学校が終わった後や休日を利用して通うことになります。

しかしながら、浪人生の場合になれば、普通の高校に通うのと変わらないように、朝から夕方まで、平日は全てを通うようなイメージで通った方が良いでしょう。そして、一般的にもそのような人が多いのです。そして、予備校は一般的な大学受験だけにターゲットを絞っていることが多々あります。
専門的な美大、音大などはそれに沿った勉強法があるので、専門的な学校に通う方が良いのですが、予備校に通う場合であれば、一般的な勉強を行う可能性が高くなります。このように、予備校に通って実力をつけると良いでしょう。

このページの先頭へ